【マインクラフト】ネザーゲート移動の謎①

ネザーゲートを使いネザー経由で移動することにより、通常世界で移動するよりも速く移動できるのは皆さんご存知かと思います。そしてそのときに、ネザーゲートをくぐったけど思い通りの場所に出られないなんて事、よくあると思います。

例えばこんな感じ。まず、通常世界側でネザーゲートを作ります。このネザーゲートを「通常側ゲート①」と呼びましょう。このネザーゲートを初めてくぐる時、ネザー側にもゲートが生成されて…
ゲート経由でネザーに行く事ができます。このネザーゲートを「ネザー側ゲート①」としておきます。横に目印として丸石を置いておきます。

一旦通常世界に戻ります。
通常世界側でも最初に作った「通常側ゲート①」の横に目印として丸石を置いておきます。横に丸石を置いた「通常側ゲート①」と「ネザー側ゲート①」が繋がっている事を覚えておいてください。ここで、通常世界側で最初に作った「通常側ゲート①」から80ブロック離れた位置に、もう1つ新しいゲートを設置します。上の写真での左側に見えるゲートです。このゲートを「通常側ゲート②」とします。ネザーでの距離は現実世界での距離の8分の1に相当します。なので「通常側ゲート①」から80ブロック離れた位置に作った「通常側ゲート②」に繋がるネザーゲートが、「ネザー側ゲート①」から10ブロック離れた位置にネザー側で新しく生成されるはずです。

では「通常側ゲート②」をくぐってみましょう…何とおかしな事に、「ネザー側ゲート①」に出てしまいました!目印としておいた丸石からも「ネザー側ゲート①」に出てしまった事がわかるかと思います。残念な事に「ネザー側ゲート②」は生成されませんでした…

ここでまた「ネザー側ゲート①」をくぐってみると…今度は「通常側ゲート①」に出てしまいました…。もう何が何だかわからなくなってきます。CODAもサバイバルでやっていた時にこの現象に出くわしてかなり困惑しました…

このバグにも思えてしまうような謎の現象なのですが、実はこれ、ちゃんとした法則によってこんな事が起きています。その法則を理解すれば、ネザーゲートを思いのままに操る事が出来てしまいます!

その法則というのは…

長くなってきたので続きはまた次回に。

Leave a Comment