【マインクラフト】初心者でも作れる自動焼き鳥製造機①

こんちには!CODAです。
今回から3回にわたり、初心者でも作れる自動焼き鳥製造機の作り方を紹介します!

紹介する製造機のコンセプトは、初心者やワールド作成初期でも比較的手に入れやすいアイテムを使い、かつ低いコストで作る。です。大きさはやや大きめになりまた効率もなんとも言えないですが、普通にプレイしてれば余るくらいの量の焼き鳥がつくれます。

まず完成形を見てみましょう。完成した製造機がこちらです。使い方は、時間が経つと手前のガラスの奥のスペースに鶏が溜まっていくので…
chicken02_001
溜まったところでボタンを押します。すると溶岩が出てきて鶏を焼きます!(鶏:ぎゃー
chicken02_002
見にくいですが、焼き鳥ができています!できた焼き鳥は、ガラスの左側から近づいてとります。取り口が空いてるわけではないのですが、アイテムにある程度近づけば拾うことができるので、問題なく焼き鳥を拾うことができます。
chicken02_003
(どうなってるかわかりづらいですが、焼き鳥を拾っている写真)
chicken02_004
親になった鶏だけ焼くことができるので、溶岩が出た後もヒヨコ(?)は生き残っています。

作り方の紹介に入る前に、作成に必要なアイテムを紹介します。必要なアイテムは以下のとおりです。

・レッドストーントーチ:3
・レッドストーンリピーター:4
・ドロッパー     :3
・ディスペンサー   :2
・ホッパー      :1
・スイッチ(石で作成):1
・溶岩入りバケツ   :1
・レッドストーン   :6
・ガラスブロック   :3以上
・燃えないブロック  :たくさん
・燃えないハーフブロック:1

比較的手に入りやすいもので作れるアイテムだと思います。それに数もあまり多く必要ありません。

それぞれのアイテムの作り方を載せておきます。

レッドストーントーチ:
chicken02_01
レッドストーンリピーター:
chicken02_02
ドロッパー:
chicken02_03
ディスペンサー:
chicken02_04
ホッパー:
chicken02_05
バケツ:
chicken02_06

長くなってきたので、作り方は次回から紹介していきます。

Leave a Comment