【マインクラフト】安定稼働する襲撃イベントトラップの使い方など

こちらの記事は襲撃イベントトラップの作り方の続きです。作り方をみたい方はこちらの記事をご覧ください。

今回は襲撃イベントトラップの使い方や注意点を書いていきます。作り方も重要ですが今回の話も同じくらい重要です。

1. 稼働のさせ方

まず稼働のさせ方ですが、旗持ちのピレジャーを倒し「凶兆」のステータス異常になった状態でトラップに近づくと、襲撃イベントが開始されトラップが稼働します。

処理層あたりまで登って来ると襲撃イベントが開始されるはずです。

襲撃イベントが始まるとあとは勝手にピレジャー達が湧いて処理されていくのですが、完全に放置してしまうとそのまま襲撃イベントが終了してしまうので、終了する前にベッドを壊して襲撃イベントをリセットします。

理屈としてはベッドを壊して襲撃対象の村が消失すると襲撃イベントがリセットされる、ということになると思います。

そしてベッドを同じ位置におけば再び襲撃イベントが最初から開始されるので、あとはそれをひたすら繰り返すだけです。

ここを自動化できればよかったのですが、その方法はちょっとわかりませんでした。というか完全自動でかつ安定稼働するものをつくるのは困難じゃないかなと思います。

2. チェストを増設するのがオススメ

稼働させていると結構な勢いでアイテムが溜まっていきます。ラージチェストなんてすぐいっぱいになります。

いらないものは捨てる人ならいいのですが、そうじゃない人は上の写真のようにチェストを下方向に増設しておくとよいと思います。鉄の道具・防具は精錬すれば鉄塊になるのでかまどを用意するのも良いと思います。

まぁここはそれほど重要な話ではないです。

3. もし間違って寝てしまったら…

次の話はやや大事です。

襲撃イベントをリセットするためにベッドを壊す必要があるのですが、時々ミスって寝てしまうことがあります。慣れないうちはちょくちょくやると思います。

そんなときは焦らずにそのまま眠ってしまいましょう。焦って起きようとしたらさらに間違ってチャットを開いてしまって圧死。ということになりかねないからです。

ちなみにCODAはまだそんな失敗はしていません。ギリギリセーフでした。

寝たタイミングで襲撃イベントがリセットされると思いますが、それは気にしないで大丈夫です。

さて起きるとブロックに埋まっているので窒息ダメージを受けます。

ここで焦らず冷静にツルハシを手にします。

そして下に少し掘れば窒息ダメージから解放されると共にベッドが見つかると思います。

最後にベッドを壊して襲撃イベントを停止させたあとに外に出ましょう。襲撃イベントを止めておかないと、たった今掘った空間にピレジャー達が湧いてしまう可能性があるからです。

結論としては、ベッドで間違って寝ないように気をつけつつ、もしものときのためにツルハシは持っておいた方がよい、ということです。

4. ワールドを閉じるときの注意

この話は重要です。

トラップ稼働中にワールドを閉じてマイクラを中断することがあると思います。そのときなのですが、閉じる前にベッドを壊して襲撃イベントを停止させておいたほうがよいです。

理由なのですが、襲撃イベント中にワールドを閉じて再度戻って来ると襲撃イベントが勝手に終了してしまうことがよくあり、逆に襲撃イベントを停止させておくとそれが起きないからです。

もしかするとプレイしている環境によって違うのかもしれませんが、iOSでプレイしているCODAはこの現象に何度も遭遇したので毎度やるようにしています。

5. 一度始めたら気が済むまでやる

この話も重要です。

襲撃イベント中にトラップを離れてまた戻って来ると、これまた襲撃イベントが勝手に終了してしまうことがあります。

トラップを離れるときにベッドを壊しておけば防ぐことはできるのですが、ベッドを壊すと「凶兆」のステータス異常に再びなり、その状態で別の村に入るとその村で襲撃イベントが発生してしまうので、安易に村には入ることができなくなってしまいます。多くの方の拠点は村としても成り立っていると思い、つまり拠点に入ることができない状態になってしまいます。

要するに何が言いたいかというと、一度トラップを稼働させたらその場を離れずに稼働させ続けて、気が済むまでアイテムを集めた方がよいです。気が済んだら最後まで襲撃イベントを終わらせて、「凶兆」から解放された状態でトラップを離れるのがよいと思います。

ということで、最後は文字ばかりになりましたが、以上で使い方の説明や注意点は終わりです。

つまらない話が多かったかと思いますが、今回の話を知っておくことでよりトラップを安定稼働させることができるので、ぜひ頭に入れておいていただければと思います。

ふぅ、真面目な記事書くの疲れた(笑)

Leave a Comment